【曲目紹介】 こんばんは。 今週は、後…

  • 0

【曲目紹介】 こんばんは。 今週は、後…

Category : facebook

【曲目紹介】
こんばんは。
今週は、後半ステージのおさらいです。
(少し遅くなってしまいました。ごめんなさい!)

第3ステージのキーワードは“Song”です。地球で暮らしている私たちの文化を歌います。
1曲目は、普段口に出せない感謝の気持ちがいっぱい詰まった山下祏加さん作曲の「ありがとうの花束」。この作品は、当団員の小林さんが詩を決めて山下さんに委嘱をお願いしたそうですよ。
そして、先日の軽井沢国際合唱フェスティバルのアンサンブルコンテストで1位をとったESTの若手グループ、アンサンブルクーピィによる「チリコンカルネ」に、全日本コンクールでも演奏した「愛」をテーマにした2曲、若者が恋人に愛を囁く、官能的な内容のバーバーの「The Coolin」と、男性を誘惑し、愛し合った後、食べてしまう女性たちを描いた「Wirindji」を演奏します。
そして、このステージの最後は、山下さんとESTの、2年前のフランスツアーでの日々をもとに作曲した「ふるさとのように」をお届けします。
今年の朝日作曲コンクールで見事第1位に輝いた山下さんの作品に、アンサンブルクーピィと、バラエティに富んだ楽しいステージにしたいと思っています。

■山下祏加(1987-)「ありがとうの花束」(委嘱作品)
■A.エーデンロート(The Real Group)「チリコンカルネ」(演奏:アンサンブルクーピィ)
Anders Edenroth(1963-):Chili Con Carne
■S.バーバー「生まれ変わり」より「巻き毛の少女」
Samuel Barber (1910-1981):“The Coolin”(the Reincarnations)
■S.リーク「偉大な南の霊」より「ウィリンジ」
Stephen Leek (1959-):“Wirindji”(Great Southern Spirits)
■山下祏加「混声合唱のための ふるさとのように」(委嘱作品)

最後の第4ステージは、“Hope”をキーワードに、三善晃作曲“地球へのバラード”全5曲を演奏します。昨年10月に亡くなられてから、全国のたくさんの合唱団が三善晃さんの作品を取り上げられているようですね。
私たち人間は、地球に支えられて生きています。しかし、人間の欲望によって、環境破壊や戦争など、地球は危ういと言われています。「地球は、人間のエゴ全部は飲み込めやしない!」とシャアは言いました。
こんな時代だからこそ、地球への感謝を忘れずに、希望と愛を込めて歌いたい。

■三善晃(1933-2013)「混声合唱のための 地球へのバラード」
私が歌う理由、沈黙の名、鳥、夕暮、地球へのピクニック

チケットまだあります。こぞって来てください。
購入は団員か下記まで(エムズネットでの販売は終了しました)
————————————————-
ヴォーカルアンサンブル《EST》
第22回コンサート “地球に…”
2014年11月9日(日) 14:30開演(14:00開場)
ゲスト:山下祏加(作曲家)
指 揮:向井正雄、小川輝晃

チケット前売
●三重県文化会館チケットカウンター 059-233-1122
●近藤楽器店 059-225-2755
(ネットからのお申し込みは、Facebookよりメッセージ、または、info@vocalensemble-est.netから、メールでお申し込み下さい。)


Leave a Reply